お知らせ


ごあいさつ

     タチ医院の歴史

          現在の建物は、昭和9年に建てられたものです。
          当初は、「大竹医院」という眼科の病院でした。その後、外科診療所の
          「桜井医院」となり、昭和42年9月に「タチ医院」は開業いたしました。
          「タチ医院」の初代院長(舘 保)にとっては、「瑞浪」という地は初めてで、
          知人も少なく、とても苦労をされたようです。
          その初代院長は、平成16年10月9日に診察中に他界致しました。
          その後、「タチ医院」は閉診致しましたが、近隣の住民の方々の暖かい
          ご声援も頂戴し、改装工事の後、平成17年10月11日に再開院となり
          ました。

     院長のごあいさつ

          私にとって、「瑞浪」の地は、「故郷」であります。
          小学校は「土岐小学校」。しかし、中学から大学まで名古屋に出ており、
          また、その後の病院勤務も名古屋を中心に愛知県内でした。
          大学病院では、本・ドラマでも有名になった、「1リットルの涙」の主人公の
          主治医であった「山本紘子」先生の下で、神経内科を専門として、
          勤務しました。
          今回、再開院にあたり、専門性は無くし、「内科医」として地域住民の
          皆様のお力になれればと考えております。
          また、今までの「タチ医院」は、「バリアーフリー」という言葉とは程遠い
          設計でしたので、改装をして、車椅子でも受診出来るように致しました。
          また、内装、レントゲン機器、超音波検査機器、心電図を新しくするだけ
          でなく、電子カルテも導入して、外観とは異なり、最新鋭の機器を取り入れ
          ました。
          その他、愛知万博でも活躍した、一般市民の方々でも使用可能な半自動
          除細動器、いわゆる、「AED」も設置致しました。
          私の好きな言葉に、「温故知新」という言葉があります。
          今までの「タチ医院」を愛してくださった方々にも納得して頂ける、心の
          こもった医療に心がけたいと思っております。

                                    タチ医院 院長  舘 正之